« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

始める事の面白さ

いつもと違う事をする時

すんなり出来なければ難しそうで

壁が出来る

でも簡単にできる事で長くやって面白い事は

これ以外と少ない

とっつきにくかったり上手に出来ないということは

奥行きが深いかレベルが高い事が多い

もしくはまったく自分に不向きか

偉大な事も誰もがすればたいした事でなくなるのと

同じようにたちまち詰まらんものに成り果てる

だったらこれを始めてこうなれたらいいなという

ワクワク感を持ってやる

これが次のことをはじめる面白さの一部

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目に見えてすぐは

変化したというほどの事が

 起きなくても

 先の先で凄く違うところにいる

 という感じぐらいでも

 今始めたら凄くいい

 金利も複利は後で大きく効いてくる

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

考える事の大事さ

 いつもぼやんとしていては

 目の前を通り過ぎるものさえ

 見えはしない

 そこに自分の考えたり解ろうとする

 小さな努力一つで

 ぱっと開くがごとく

 展開していく

 不思議不思議

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試せるなら

 自分自身の人生を持って

 どこまで突き抜けていけるか

 試すに越した事は無い

 だって誰が喜ぶんですか

 最終的に成長成功して得をして喜べるのは

 己自身です。

 やってやろうという気になっていいんです

 これまでのいい加減でだらしなくて

 弱虫で頼りなくて情けなくてどうしようもない自分でも

 一瞬のうちに変われるんです

 自己意識の確立と

 潜在意識への働きかけで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここにはまだ

 ブログ集は作れていませんが

 くるっと回ってくれる人いるのかな

 面白がってくれたら

 ええ年して

 どこがおもしろいんと思うかも知れないですが

 少しでも多くの人にメッセージ届ける

 最初はそんな気持ち無かったのに

 途中から少し少し変わって

 増えていった感じだから

 まあ別に書いている本人が一番気持ちが入っていってると言う事です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どこまでできるか考える前に

 そんなことは二の次で

 ここから始めるぞと決めたら

 どんなに大きくても

 不可能に近い事でも

 ちょっとは近づくんだから

 始めると心に誓って

 さあスタート

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大きく変わる時とは

人が大きく成長していく時

 それはいまの現状に自分のサイズが合わなくなり

 収まりきらなくなった時

 それが一皮剥けて大きくなるとき

 今がきちんとできないのに

 次に行けばそれは逃避

 そして転落の繰り返し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分を乗せていくには

自分のテーマソングでも決めて

 これ聞いたら元気出るとかやる気になるとか

 昔ならロッキーのテーマとか

 さしずめ今はクレバのアグレシっ部

 人間だから気分ももちろん大事

 だって効率落とすより

 仕切りなおして

 スピードつけたほうが絶対いい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やるぞやるぞと決めたら

 絶対やってやる

 それがおおきな目標であり

 とてつもない大きな夢をかなえる原動力

 誰も自分の目標を作ってはくれ無し

 変わりに夢も見てくれない

 己が心に決めて掛かるだけ

 困難障害なんでもかかってこい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨には雨の日

 こんな日にしか見えないことも

 たとえば家の屋根からくるトユもちゃんとしているか

 周りの水はけは

 ベランダの排水口のごみはちゃんとどけてあるか

 もし帰ってくるのが早ければ本の一つも読んでみる

 ぜんぜん違う視点で日々のことをチェックする

 思わん事に気付きに救われるかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奇跡は起こる

 まえの晩の話が

 次の日目の前で起こる

 それも普通じゃまずありえない事が

 今でも不思議な感覚に包まれている感じです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これが言わずに居れますか

 阪神バンザイ

 開幕から無傷の5連勝

 気持ちいいやら何やらで

 大盛り上がり

 酒もうまいて

 こんな気分味わえる幸せ

 とことん行ってまえ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »